クリエイティブA/Bテストの設定

  • 更新

このセクションでは、クリエイティブA/Bテストを設定する方法をご説明します。A/Bテストは、各キャンペーン内のアドグループを通じて設定され、さまざまなクリエイティブグループのパフォーマンスの比較に使用できます。

たとえば、クリエイティブA/Bテスト機能を使用することで、既存の予算の一部を割り当てて、クリエイティブグループBの新しいコンセプト/テーマが、クリエイティブグループAの既存のコンセプト/テーマよりも効率的かを確認できます。

注釈:さまざまなクリエイティブフォーマット(静止画対動画、または動画対ネイティブ)のパフォーマンスの比較にA/Bテストを使用することは、お勧めしません。各フォーマットの広告掲載場所が異なるためです。実際のクリエイティブのパフォーマンスに対して、クリエイティブフォーマット自体の広告掲載場所が異なることで、パフォーマンスの違いが生じる可能性があります。

 

クリエイティブA/Bテストのセットアップ 

A/Bテストは、各キャンペーン内のアドグループセクションで設定する必要があります。

  1. 左上のドロップダウンメニューからアドアカウントを選択します。

  2. 左側のサイドバーでアプリを選択します。

  3. キャンペーンリストからキャンペーンタイトルをクリックします。

  4. 下にスクロールして、そのキャンペーンの下にあるアドグループリストを表示します。アドグループリストの下に、[A/Bテストグループ](A/B Test Groups)という名前のセクションが表示されます。

    MOLOCO_Cloud_2021-07-21_11-55-03.png

  5. [はじめに](Get Started)をクリックして、A/Bテストをセットアップします。

  6. A/Bテストの[名前](Name)と[説明](Description)(オプション)を入力します。

  7. 変数として[クリエイティブグループ](Creative Group)を選択します

  8. ドロップダウンメニューを使用して、グループAのアドグループを選択します。グループAは、テストグループの結果と比較する管理グループです。___________2022-06-10______2.38.40.png

    重要:テストをセットアップする前に、テストするアドグループを作成しておきます。アドグループの設定について、詳しくはこちら
  9. グループAのアドグループを選択すると、そのアドグループ内にあり、クリエイティブA/Bテストに使用されるクリエイティブグループのリストが表示されます。
    注釈:管理グループ(グループA)のクリエイティブグループは、一度作成すると変更できなくなります。
  10. グループBは、グループAと同じアドグループを使用するテストグループです。2つのグループが重複しないように、ターゲットはランダムに分割されます。ドロップダウンメニューを使用して、グループBに追加するすべてのクリエイティブグループを選択します。
    注釈:テストがアクティブ化されると、テスト対象のクリエイティブグループは編集できなくなります。
    ___________2022-06-10______2.41.56.png
  11. グループA(管理)とグループB(テスト)の両方のクリエイティブグループを設定すると、テストの予算、重要指標、スケジュールを設定できるようになります。
  12. テストに適用する元のキャンペーンの予算の割合を入力します。 
    ___________2022-06-10______2.44.56.png
    • 管理グループとテストグループの予算比率は、設定された予算シェア内で1:1に固定されています。たとえば、1日の合計予算が1,000ドルで、予算シェアの30%である場合、グループAとBの1日の予算はそれぞれ150ドルになります。___________2021-09-16______8.48.44.png
    • A/Bテストに設定された予算の割合は、100%まで増やすことができます。
      注釈:1日の予算が曜日ごとに異なる設定になっている場合、A/Bテストの1日の予算は、曜日ごとに割り当てられた1日の予算に応じて変わります。
    • テストがアクティブ化されると、予算は変更できなくなります。
  13. [重要指標](Key Metric)を選択します。重要指標は、テストで比較する主要な指標です。 
    Screen_Shot_2021-07-20_at_1.33.22_PM.png
    • CPAは、アプリ内イベント最適化キャンペーンでのみ使用可能で、A/Bテストのパフォーマンス測定に使用されるイベントは、キャンペーンの最適化ターゲットイベントと同じです
  14. テストのスケジュールを設定します。開始日と終了日を設定する必要があります。Screen_Shot_2021-07-20_at_5.16.49_PM.png 
    • タイムゾーンは、アドアカウントのタイムゾーンによって異なります。
    • 特定の終了日を設定した場合でも、必要に応じて終了日を変更することができます。 
      注釈:テストは、最低24時間、合計30日以下で実行する必要があります。
  15. すべてのフィールドを正しく入力したら、[作成](Create)をクリックします。
    重要:テストが完了すると、テストを再度アクティブにできなくなります。クリエイティブを再度テストする場合は、新しいA/Bテストをセットアップする必要があります。テストの終了日は、データが不十分な場合に延長できますが、各テストが30日を超えることはできません。

 

iOSキャンペーンの注釈:
確率的アトリビューションは、クリエイティブABテスト機能を使用してiOSキャンペーンで有効にする必要があります。この機能は、無属性(ノンアトリビューション)またはSKAdNetworkアトリビューション限定トラフィックで実行されているキャンペーンでは、使用できません。

 

クリエイティブA/Bテストパフォーマンスの概要

A/Bテストが作成されると、ステータスを確認したり、アクティブなクリエイティブテストの詳細なパフォーマンスを確認したりできるようになります。

  1. 左上のドロップダウンメニューからアドアカウントを選択します。

  2. 左側のサイドバーでアプリを選択します。

  3. キャンペーンリストからキャンペーンタイトルをクリックします。

  4. 下にスクロールして、そのキャンペーンの下にあるアドグループリストを表示します。アドグループリストの下に、作成されたA/Bテストのリストが表示されます。

    ___________2022-06-10______2.51.18.png
  5. A/Bテストの左側にあるScreen_Shot_2021-07-20_at_1.57.42_PM.pngをクリックして、テストを要約します___________2022-06-10______2.55.13.png
  6. 詳細なパフォーマンスの概要を表示するには、確認するA/Bテストのタイトルをクリックします。Screen_Shot_2021-07-20_at_2.17.29_PM.png
    グラフの左上にあるドロップダウンメニューを使用して、以下のパフォーマンス指標を比較できます。 
    • 費用
    • インプレッション
    • クリック数
    • インストール数
    • アクション数
    • CTR
    • IPM
    • CPC
    • CPI
    • CPA
  7. [テスト結果](Test Result)の下には、テストの現在のステータスを通知するセクションもあります。 
    Screen_Shot_2021-07-21_at_5.56.19_PM.png
  • 結果は、テスト中に収集されたデータの量によって異なります。グループAとグループBの間で勝者を決定できるデータが十分に得られると、結果がここに表示されます。
  • 勝者を決定するには、信頼水準が75%超でなければなりません。信頼水準が75%以下の場合、テストの最終結果は「有意差はありません」になります。
  • テスト結果は、選択した重要指標によって異なります。(たとえば、グループAはCPCの点で優れているが、グループBはCPAの点で優れている)。複数の重要指標を使用して、クリエイティブA/Bテストの結果を分析することをお勧めします。

 

iOSキャンペーンの注釈:
iOSキャンペーンのMMPアトリビューションに基づく、クリエイティブA/Bテストの結果のみを確認できます。(SKANアトリビューションに基づく結果は利用できません)。

 

 

この記事は役に立ちましたか?

1人中1人がこの記事が役に立ったと言っています

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。