分析の概要

  • 更新

分析ダッシュボードでは、キャンペーンのパフォーマンスを分析するための主要な指標を追跡できます。この記事では、ダッシュボードに表示できるさまざまな指標について、ご説明します。 

 

分析ダッシュボードについて

分析ダッシュボードには、実行できるさまざまな分析と、キャンペーン分析の目標と範囲の定義に適用できる一連のフィルターがあります。これにより、クリエイティブ、在庫、アドエクスチェンジごとに詳細な洞察を得ることができます。また、コホート分析を実行して、キャンペーンのROASを取得したり、ユーザーの獲得と維持の傾向を把握したりすることもできます。

 

分析ダッシュボードからデータをエクスポートする

  1. 画面左上のドロップダウンメニューからアドアカウントを選択します。

  2. 画面の左側にある [Analytics] をクリックします。分析ダッシュボードが表示されます。

  3. [Predefined analytics] では、ドロップダウンメニューからお好きな分析タイプを選択します。 

  4. [Add filter] をクリックして、分析に適用するデータと条件を指定します。指定が終わったら、[Apply] をクリックします。データは [Overall] セクションと [Daily] セクションに表示されます。 
  5. 列項目をドラッグ・ドロップして、表示順序を変更できます。
  6. 各列の名前をクリックして、データを昇順または降順で並べ替えます。 
  7. 右上の [CSV] をクリックして、表示されたデータをダウンロードします。各ダウンロードには、最長31日間、最大10,000行のデータを含めることができます。 

重要:日付範囲を変更すると、ダッシュボードに表示されるデータは更新された日付範囲から取得されます。指定した日付範囲が長いほど、ダッシュボードに表示されるデータの更新に時間がかかります。

特定の日付範囲のデータを表示およびエクスポートするには、次のデータフィルターの1つまたは複数を適用し、データを取得する日付範囲を指定する必要があります。 

項目 説明
フィルター

条件を指定して、ダッシュボードに表示するデータをフィルタリングできます。たとえば、データをフィルタリングして、1日あたり100ドル以上のキャンペーンの指標のみを表示します。 

  • is/is not:表示するデータに含める値またはデータから除外する値です。スクリーンショット
  • contains/does not contain:コホート分析で表示するデータに含める値またはデータから除外する値です。スクリーンショット
  • 算術演算子(>,<,=,>=,=<):表示するデータに含める値の範囲を指定します。スクリーンショット
Date range

データを取得する日付範囲を指定できます。選択できるのは、特定の日付と、データをクエリする日から過去n日間です。日付範囲には、最大31日を含めることができます。___________2022-03-24______2.24.05.png

 

分析タイプ

SKAdNetwork分析

重要:SKAdNetworkデータは、SKAdNetwork分析にのみ含まれ、他のタイプの分析では使用できません。

SKAdNetwork分析を実行して、キャンペーン、アトリビューションタイプ、コンバージョン値などのSKAdNetworkデータから洞察を得ることができます。 

項目 説明
Date range
  • Overall:この表では、指定期間中のすべてのキャンペーンのすべての指標が表示されます。結果は、降順の使用金額で表示されます。 
  • Daily:この表では、各キャンペーンのすべての指標の日次内訳が表示されます。結果は、降順の日付と使用金額で表示されます。
Levels 以下のレベルでデータを表示できます。
項目 説明
App これは、宣伝されているアプリの名前とIDです。
Campaign これは、キャンペーンの名前とIDです。
Country これは、3桁の国番号です。利用可能なすべての国コードについては、このリストをご覧ください。
Metrics

以下の指標を選択して表示できます。NULL値のみを含む列全体を含めるまたは除外するには、[Show null data] を使用します。 

項目 説明
Date これは、指標が記録された日です。タイムゾーンは、アドアカウントのタイムゾーンと同じです。[Daily] が日付範囲の場合、この指標はデフォルトで含まれているので、削除できません。
Spend これは、広告費の総額です。
Click これは、クリック数の合計です。
Impression これは、インプレッション数の合計です。
Install (MMP) これは、MMP経由のすべてのインストール数です。
Install (SKAN) これは、SKAdNetworkアトリビューションのすべてのインストールです。
Action (MMP)

これは、キャンペーン目標に対して選択されたMMPアトリビューションのすべてのイベントの合計です。アプリ内イベント用に最適化されたキャンペーンの場合、これは、アプリ内イベントの最適化ゴールに対するMMPアトリビューションのすべてのターゲットイベントの合計です。ROASに最適化されたキャンペーンの場合、これは、MMPアトリビューションの購入数です。 

Action (SKAN)

これは、キャンペーン目標に対して選択されたSKAdNetworkアトリビューションのすべてのイベントの合計です。アプリ内イベント用に最適化されたキャンペーンの場合、これは、アプリ内イベントの最適化目標に対するSKAdNetworkアトリビューションのすべてのターゲットイベントの合計です。ROASに最適化されたキャンペーンの場合、これは、SKAdNetworkアトリビューションの購入数です。 

CTR これは、クリックにつながったインプレッションの割合です。
IPM (MMP)

これは、1,000広告インプレッションあたりのMMPアトリビューションのインストール数の合計です。これは、i2i(つまり、インストールへのインプレッション数)比率に似ています。数が大きいほど、パフォーマンスが優れていることを示します。

IPM (SKAN)

これは、1,000広告インプレッションあたりのSKAdNetworkアトリビューションのインストール数の合計です。これは、i2i(インストールへのインプレッション数)比率に似ています。数が大きいほど、パフォーマンスが優れていることを示します。

CPC これは、クリックあたりのコストです。
CPI (MMP)

これは、インストールあたりのMMPアトリビューションのコストです。

CPI (SKAN)

これは、インストールあたりのSKAdNetworkアトリビューションのコストです。

CPA (MMP)

これは、アプリ内イベントの最適化ゴールに対して選択されたイベントあたりのMMPアトリビューションのコストです。

CPA (SKAN)

これは、アプリ内イベントの最適化ゴールに対して選択されたイベントあたりのSKAdNetworkアトリビューションのコストです。

Revenue (SKAN)

これは、Moloco Adsに登録された各コンバージョン値の平均レベニューに基づいて計算された、SKAdNetworkアトリビューションのレベニューの合計です。 

Revenue D1-D2

これは、最初のSKAdNetworkポストバックデータからのレベニュー指標です。

Revenue D3-D7

これは、2番目のSKAdNetworkポストバックデータからのレベニュー指標です。

Revenue D8-D35

これは、3番目のSKAdNetworkポストバックデータからのレベニュー指標です。

Total event count

これは、すべてのSKAdNetworkポストバックデータに記録されたすべてのイベントの合計です。

Event count D1-D2

これは、最初のSKAdNetworkポストバックデータに記録されたイベント数です。

Event count D3-D7

これは、2番目のSKAdNetworkポストバックデータに記録されたイベント数です。

Event count D8-D35

これは、3番目のSKAdNetworkポストバックデータに記録されたイベント数です。

Coarse conversion value - high

これは、粗いコンバージョン値「高」のあるSKAdNetworkポストバック数です。

Coarse conversion value - medium

これは、粗いコンバージョン値「中」のあるSKAdNetworkポストバック数です。

Coarse conversion value - low

これは、粗いコンバージョン値「低」のあるSKAdNetworkポストバック数です。 

Conversion Value Ratio これは、コンバージョン値を含む、受信したすべてのポストバックの割合です。
Conversion Value:None これは、コンバージョン値を含まないSKAdNetworkポストバック数です。
Conversion Value:0-63 これは、各コンバージョン値に対するSKAdNetworkポストバック数です。

 

Creative analysis

クリエイティブ分析を実行して、キャンペーン、クリエイティブグループ、クリエイティブごとのパフォーマンスから洞察を得ることができます。 

項目 説明
Date range
  • Overall:このオプションでは、指定期間中のすべてのキャンペーンのすべての指標が表示されます。結果は、降順の使用金額で表示されます。 
  • Daily:このオプションでは、各キャンペーンのすべての指標の日次内訳が表示されます。結果は、降順の日付と使用金額で表示されます。
Metrics
項目 説明
Date これは、指標が記録された日です。タイムゾーンは、アドアカウントのタイムゾーンと同じです。 
Campaign これは、キャンペーンの名前とIDです。
Campaign Type

これは、キャンペーンタイプです。利用可能なキャンペーンタイプは、以下の通りです。

  • アプリインストール
  • リエンゲージメント
Country これは、3桁の国番号です。利用可能なすべての国コードについては、このリストをご覧ください。
LAT Target キャンペーンがLAT有効デバイスをターゲットにしているかどうかを示します。Onは、キャンペーンがLAT有効デバイスをターゲットにしていることを示します。Offは、キャンペーンがLAT無効デバイスをターゲットにしていることを示します。
OS

これは、OSタイプです。利用可能なOSタイプは、以下の通りです。

  • Android
  • iOS
Creative Group これは、クリエイティブグループの名前とIDです。
Creative これは、クリエイティブの名前です。
Type

これは、クリエイティブタイプです。利用可能なクリエイティブタイプは、以下の通りです。

  • IMAGE:静止画バナー
  • NATIVE_IMAGE:ネイティブ静止画
  • NATIVE_VIDEO:ネイティブ動画
  • VIDEO:動画
Inventory Traffic

モバイルアプリのトラフィック、またはモバイルWebのトラフィックのいずれかを示します。APPは、モバイルアプリのトラフィックを示し、WEBは、モバイルWebのトラフィックを示します。

Impression これは、インプレッション数の合計です。
Click これは、クリック数の合計です。
Install これは、インストール数の合計です。
Action これは、キャンペーン目標に対して選択されたイベントが発生した回数です。アプリ内イベント用に最適化されたキャンペーンの場合、これは、アプリ内イベントの最適化ゴールに対するすべてのターゲットイベントの合計です。ROASに最適化されたキャンペーンの場合、これは購入数です。  
Conversion これは、キャンペーンのコンバージョン指標として選択したイベントが記録された回数です。 
Spend これは、広告費の総額です。
CTR これは、クリックにつながったインプレッションの割合です。
IPM

これは、1,000広告インプレッションあたりのMMPアトリビューションのインストール数の合計です。これは、i2i(つまり、インストールへのインプレッション数)比率に似ています。数が大きいほど、パフォーマンスが優れていることを示します。

CPC これは、クリックあたりのコストです。
CPI

これは、インストールあたりのコストです。

CPA

これは、アクションイベントあたりのコストです。 

Cost per Conversion これは、コンバージョンイベントあたりのコストです。

重要:分析ダッシュボードでは、キャンペーンとクリエイティブグループのタイトルとIDが結合していますが、CSVファイルでは名前とIDが別のフィールドとして表示されています。

 

Inventory analysis

在庫分析を実行して、キャンペーンで使用されている広告在庫に関する洞察を得ることができます。広告在庫は、広告が表示されるパブリッシャーのアプリです。 

項目 説明
Date range
  • Overall:このオプションでは、指定期間中のすべてのキャンペーンのすべての指標が表示されます。結果は、降順の使用金額で表示されます。 
  • Daily:このオプションでは、各キャンペーンのすべての指標の日次内訳が表示されます。結果は、降順の日付と使用金額で表示されます。
Metrics
項目 説明
Date これは、指標が記録された日です。タイムゾーンは、アドアカウントのタイムゾーンと同じです。 
Campaign これは、キャンペーンの名前とIDです。
Campaign Type

これは、キャンペーンタイプです。利用可能なキャンペーンタイプは、以下の通りです。

  • アプリインストール
  • リエンゲージメント
Country これは、3桁の国番号です。利用可能なすべての国コードについては、このリストをご覧ください。
LAT Target キャンペーンがLAT有効デバイスをターゲットにしているかどうかを示します。Onは、キャンペーンがLAT有効デバイスをターゲットにしていることを示します。Offは、キャンペーンがLAT無効デバイスをターゲットにしていることを示します。
OS

これは、OSタイプです。利用可能なOSタイプは、以下の通りです。

  • Android
  • iOS
Inventory Traffic

モバイルアプリのトラフィック、またはモバイルWebのトラフィックのいずれかを示します。APPは、モバイルアプリのトラフィックを示し、WEBは、モバイルWebのトラフィックを示します。  

App Bundle

これは、広告が表示されたアプリのIDです。これは、アプリのGoogle Play Store IDおよびApple App Store IDと同じです。モバイルWebのトラフィックを伴うキャンペーンの場合、サイトのドメイン情報も含まれます。

どのアプリが広告を表示しているかを確認するには、以下の通り、ストアURLにアプリバンドルIDを追加します。

  •  Google Play Store: https://play.google.com/store/apps/details?id=xxxxxx 
  •  Apple App Store: https://apps.apple.com/app/idxxxxxxx 

注意:ターゲットを作成して、任意のアプリバンドルIDを分析に含めたり、分析から除外したりできます。ターゲットの作成方法は、このガイドをご覧ください。 

App Title これは、広告在庫を提供するアプリまたはパブリッシャーの名前です。アプリの名前は、Google Play StoreおよびApple App Storeに表示されているアプリの名前です。
Impression これは、インプレッション数の合計です。
Click これは、クリック数の合計です。
Install これは、インストール数の合計です。
Action これは、キャンペーン目標に対して選択されたイベントが発生した回数です。アプリ内イベント用に最適化されたキャンペーンの場合、これは、アプリ内イベントの最適化ゴールに対するすべてのターゲットイベントの合計です。ROASに最適化されたキャンペーンの場合、これは購入数です。  
Conversion これは、キャンペーンのコンバージョン指標として選択したイベントが記録された回数です。
Spend これは、広告費の総額です。
CTR これは、クリックにつながったインプレッションの割合です。
IPM

これは、1,000広告インプレッションあたりのMMPアトリビューションのインストール数の合計です。これは、i2i(つまり、インストールへのインプレッション数)比率に似ています。数が大きいほど、パフォーマンスが優れていることを示します。

CPC これは、クリックあたりのコストです。
CPI これは、インストールあたりのコストです。
CPA これは、アクションイベントあたりのコストです。 
Cost per Conversion これは、コンバージョンイベントあたりのコストです。

 

Exchange analysis

エクスチェンジ分析を実行して、キャンペーンが依存しているアドエクスチェンジに関する洞察を得ることができます。 

項目 説明
Date range
  • Overall:このオプションでは、それぞれのアプリのバンドルおよびアプリのタイトルに対して、指定期間中のすべての指標が表示されます。結果は、降順の使用金額で表示されます。
  • Daily:このオプションでは、それぞれのアプリのバンドルおよびアプリのタイトルに対して、すべての指標の日次内訳が表示されます。結果は、降順の日付と使用金額で表示されます。
Metrics
項目 説明
Date これは、指標が記録された日です。タイムゾーンは、アドアカウントのタイムゾーンと同じです。
Campaign これは、キャンペーンの名前とIDです。
Campaign Type

これは、キャンペーンタイプです。利用可能なキャンペーンタイプは、以下の通りです。

  • アプリインストール
  • リエンゲージメント
Country これは、3桁の国番号です。利用可能なすべての国コードについては、このリストをご覧ください。
LAT Target キャンペーンがLAT有効デバイスをターゲットにしているかどうかを示します。Onは、キャンペーンがLAT有効デバイスをターゲットにしていることを示します。Offは、キャンペーンがLAT無効デバイスをターゲットにしていることを示します。
OS

これは、OSタイプです。利用可能なOSタイプは、以下の通りです。

  • Android
  • iOS
Exchange

これは、キャンペーンで使用されているアドエクスチェンジです。アドエクスチェンジがあると、購入者と販売者の広告掲載場所の決定プロセスが容易になります。世界のアドエクスチェンジで独自の規則と制限があるため、それに応じてクリエイティブ戦略を選択する必要があります。使用しているアドエクスチェンジ固有のガイドラインをご覧ください。 

Inventory Traffic

モバイルアプリのトラフィック、またはモバイルWebのトラフィックのいずれかを示します。APPは、モバイルアプリのトラフィックを示し、WEBは、モバイルWebのトラフィックを示します。

Impression これは、インプレッション数の合計です。
Click これは、クリック数の合計です。
Install これは、インストール数の合計です。
Action これは、キャンペーン目標に対して選択されたイベントが発生した回数です。アプリ内イベント用に最適化されたキャンペーンの場合、これは、アプリ内イベントの最適化ゴールに対するすべてのターゲットイベントの合計です。ROASに最適化されたキャンペーンの場合、これは購入数です。  
Conversion これは、キャンペーンのコンバージョン指標として選択したイベントが記録された回数です。
Spend これは、広告費の総額です。
CTR これは、クリックにつながったインプレッションの割合です。
IPM

これは、1,000広告インプレッションあたりのMMPアトリビューションのインストール数の合計です。これは、i2i(つまり、インストールへのインプレッション数)比率に似ています。数が大きいほど、パフォーマンスが優れていることを示します。

CPC これは、クリックあたりのコストです。
CPI これは、インストールあたりのコストです。
CPA これは、アクションイベントあたりのコストです。
Cost per Conversion これは、コンバージョンイベントあたりのコストです。

 

Cohort analysis

コホート分析を使用すると、指定期間にわたって共通の特性に基づいてユーザーをグループ化することで、ユーザーの行動を追跡できます。たとえば、UAキャンペーン(新規インストールキャンペーン)を実行している場合、コホートは、指定期間中にアプリをインストールしたユーザーのグループになります。キャンペーンのコホート分析では、アプリをインストールしたユーザーのうち何人が最終的に購入に至ったかが、時系列でわかります。

 

Cohort ROAS analysis

コホートROAS分析を実行して、各キャンペーンのROASに関するデータを取得できます。この分析は、MMPポストバックからキャンペーンのレベニューデータを当社が受け取った場合にのみ、実行できます。

注意:複数のレベニューイベントがある場合は、データフィルターを使用して、基準を満たすイベントのみを選択して検索しましょう。

___________2022-03-24______3.00.33.png

項目

説明
Date range
  • Overall:選択した期間全体で獲得またはリエンゲージメントしたユーザーの全体的なROASを計算します。 
  • Daily:選択した期間中に獲得またはリエンゲージメントしたユーザーの日次ROASを計算します。
  • Weekly:選択した期間中に獲得またはりエンゲージメントしたユーザーの週次ROASを計算します。
Metrics
項目 説明
Date これは、指標が記録された日です。タイムゾーンは、アドアカウントのタイムゾーンと同じです。
Week これは、月曜日を各週の最初の日として、指標が記録された週です。タイムゾーンは、アドアカウントのタイムゾーンと同じです。
Campaign これは、キャンペーンの名前とIDです。
Country これは、3桁の国番号です。利用可能なすべての国コードについては、このリストをご覧ください。
LAT Target キャンペーンがLAT有効デバイスをターゲットにしているかどうかを示します。Onは、キャンペーンがLAT有効デバイスをターゲットにしていることを示します。Offは、キャンペーンがLAT無効デバイスをターゲットにしていることを示します。
OS

これは、OSタイプです。利用可能なOSタイプは、以下の通りです。

  • Android
  • iOS
Spend これは、広告費の総額です。
Install これは、インストール数の合計で、アプリインストールのコホートグループのサイズでもあります。
Re-engagement これは、リエンゲージメントされたクリック数の合計で、リエンゲージメントユーザーのコホートグループのサイズでもあります。
D1/D3/D7/D30 Purchase これは、指定された日付範囲内に1、3、7、または30日連続で購入が行われた回数の合計です。 
D1/D3/D7/D30 Purchaser これは、指定された日付範囲内に1、3、7、または30日連続で購入を行ったユーザー数です。
D1/D3/D7/D30 Revenue これは、指定された日付範囲内に1、3、7、または30日連続で購入イベントから発生したレベニューの合計です。
D1/D3/D7/D30 ROAS

これは、指定された日付範囲内に1、3、7、または30日連続で購入イベントからどれだけのレベニューが発生したかを示す広告費用対効果(ROAS)です。ROASの金額は、レベニューを広告費用で割り、100を掛けて計算されます。表示される数値は、パーセント値です。

 

Cohort Action analysis

コホートアクション分析を実行して、各キャンペーンのアクション(つまり、キャンペーン最適化ゴールに対して選択されたイベント)の指標を取得できます。この分析は、アプリ内イベントに最適化されたキャンペーンに対してのみ実行できます。 

項目 説明
Date range
  • Overall:キャンペーン最適化ゴールに対して選択されたイベントの総数と、選択された期間全体で獲得またはリエンゲージメントしたユーザーのCPAを計算します。
  • Daily:キャンペーン最適化ゴールに対して選択された日次イベント数と、選択された期間中に獲得またはリエンゲージメントしたユーザーのCPAを計算します。
  • Weekly:キャンペーン最適化ゴールに対して選択された週次イベント数と、選択された期間中に獲得またはリエンゲージメントしたユーザーのCPAを計算します。
Metrics
項目 説明
Date これは、指標が記録された日です。タイムゾーンは、アドアカウントのタイムゾーンと同じです。
Week これは、月曜日を各週の最初の日として、指標が記録された週です。タイムゾーンは、アドアカウントのタイムゾーンと同じです。
Campaign これは、キャンペーンの名前とIDです。
Country これは、3桁の国番号です。利用可能なすべての国コードについては、このリストをご覧ください。
LAT Target キャンペーンがLAT有効デバイスをターゲットにしているかどうかを示します。Onは、キャンペーンがLAT有効デバイスをターゲットにしていることを示します。Offは、キャンペーンがLAT無効デバイスをターゲットにしていることを示します。
OS

これは、OSタイプです。利用可能なOSタイプは、以下の通りです。

  • Android
  • iOS
Spend これは、広告費の総額です。
Install これは、インストール数の合計で、アプリインストールのコホートグループにおけるユーザー数でもあります。
Re-engagement これは、リエンゲージメントされたクリック数の合計で、リエンゲージメントユーザーのコホートグループにおけるユーザー数でもあります。
D1/D3/D7/D30 Action これは、指定された日付範囲内に1、3、7、または30日連続で、キャンペーン目標に対して選択されたイベントが発生した回数です。アプリ内イベント用に最適化されたキャンペーンの場合、これは、アプリ内イベントの最適化ゴールに対するすべてのターゲットイベントの合計です。ROASに最適化されたキャンペーンの場合、これは購入数です。 
D1/D3/D7/D30 CPA
これは、指定された日付範囲内に1、3、7、または30日連続でかかったアクションイベントあたりのコストです。

 

よくある質問

キャンペーンのROASは、どこで追跡できますか?

Moloco Adsには、キャンペーンで広告費用対効果(ROAS)を追跡できる場所がたくさんあります。たとえば、[Analytics] に移動して、キャンペーンタイプの [Cohort ROAS Analysis] を選択します。詳細は、分析の概要をご覧ください。または、アプリを選択して、[Home] > [App Home] > [Campaign Home] と移動し、指標を追跡するキャンペーンを選択し、[Highlight setting] をクリックして、指定期間にわたって追跡する指標を指定することもできます。ROASに最適化されたキャンペーンの場合、コホート分析のレベニュー指標は、キャンペーン目標として選択されたイベントからのみ、計算されます。他のすべてのキャンペーンタイプでは、コホート分析のレベニュー指標は、MMPポストバックデータに含まれるすべてのレベニュー追跡イベントから計算されます。スクリーンショット

 

クリエイティブグループ/パブリッシャーレベルのパフォーマンスを見るにはどうすればよいですか?

[Analytics] タブを開きます。クリエイティブグループごとのパフォーマンスは [Creative Analysis] セクションで確認できます。

在庫ごとのパフォーマンスは [Inventory Analysis] で確認できます。複数の変数を使用してレポートを分析するには、[Report] タブに移動します。次に [Columns] をクリックし、[Levels] セクションから必要なフィールド(クリエイティブグループや在庫など)を選択します。

 

キャンペーンのCPAやActionが表示されないのはなぜですか?

CPAActionの指標は、アプリ内イベントの最適化ゴールが設定されたキャンペーンにのみ適用されます。 

アプリ内イベント以外の最適化ゴールが設定されたキャンペーンでは、Conversion指標を利用できます。Conversionは、キャンペーンを設定または編集しているときに、[Additional Settings > Conversion Setting] からアプリ内イベントを選択することで設定できます。コンバージョンの設定はキャンペーンの実行中も編集でき、変更前のキャンペーンデータも変更後のイベントデータで更新されます。変更した設定が実際のレポートに反映されるまでには、最大で24時間かかる場合があることに注意してください。

 

Molocoのキャンペーンデータを分析パートナー/社内分析ツールに転送するにはどうすればよいですか?

連携の方法は2通りあります。
1) Molocoレポートパートナーと連携する:Molocoではレポートパートナーとシームレスに連携できます。詳細な連携ガイドと、サポートされているすべてのパートナーの一覧については、レポートパートナー連携の記事をご覧ください。
2) MolocoレポートAPIを使用する:Molocoの [Analytics] ダッシュボードに加えて、社内分析用のキャンペーンレポートを取得するために使用できるレポートAPIも用意されています。詳細は、レポートAPIの連携の記事をご覧ください。

この記事は役に立ちましたか?

0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください