ログデータの概要

  • 更新

ログデータの概要

ログデータセクションでは、日々のインプレッション、クリック、インストールアクションのデータをCSV形式でダウンロードする事が可能です。

pasted_image_0.png

注意:現在、ログデータはUTCタイムゾーンに基づいており、一度に最大7日間のデータを検索、ダウンロードする事が可能です。

注意:ログデータはUTCタイムゾーンに基づいており、前日のデータをダウンロードする事が可能です。

ログデータをダウンロードするには、必要なデータのリクエストと、リクエストされたデータをダウンロードするという2つのステップがあります。

 

ログデータをリクエスト

log_data.png

  1. MOLOCOクラウドで、初めてログデータをダウンロードするには、ダウンロードしたいデータのリクエストを行う必要があります。ダウンロードを希望する日付のデータが既に作成されている場合は、このステップを省略できます。

    Kapture_2020-07-24_at_15.10.54.gif

  2. リクエストが行われた後、データのダウンロードが可能になるまで、ステータスは処理中に変更されます。

  3. リクエストを行った後、ステータスの準備中に別のページに接続したり、ページを更新したりする事も可能です。

  4. 処理段階でエラーが発生した場合には、リクエストの横にエラーメッセージが表示されます。その場合は、再度リクエストを実行ください。

 

ログデータをダウンロード

Kapture_2020-07-24_at_15.12.55.gif

  1. ダウンロード可能なログデータは、データの作成日の横にDownload[1]が表示されます。 
  2. データサイズが大きい場合は、複数のファイルに分けてダウンロードする必要がある為

    Download [1|2]が表示されます。
  3. 括弧内の数字[]をクリックすると、ダウンロードが開始されます。
  4. データはgzip形式でダウンロードされますので、CSVファイルにアクセスするにはファイルを解凍下さい。

 

ログデータを転送

Kapture_2020-07-24_at_15.18.00.gif

  1. ログデータ転送を設定する為には、ストレージ(クラウド)の情報を登録する必要があります。

    注意:2020年8月1日現在、ログデータ転送はAWS S3バケットを介してのみサポートされています。AWS S3バケット設定の詳細はこちら

  2. 「ログデータ転送」のページで必要な情報を入力し、「Create」をクリックすると登録が完了します。

    log_data_2_revise.png

  3. 登録が完了すると、前日のログデータが午前3時から午前4時(UTC)まで

    1日単位で転送されます。転送記録は「ログデータ転送」のページで確認できます。

    log_data3.png

この記事は役に立ちましたか?

0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください